Rockonブログ

手作りキャンピングカーによる山旅日記
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

秋は進む......



これは我が家からの西の空、4時ごろには薄暗くなり夕陽が沈む様子も秋らしく澄みきった空の色でした。

高地の旭岳ではもう積雪、もう冬が始まってます。
ここ道東でも羅臼からウトロに抜ける知床峠へのR334は明後日23日より来春まで冬季通行止めになり、着実に冬到来です。

このように北の大地は厳冬に一目散向かっているようです。


それはそうと秋で思い出した。

今年の北の秋の味覚は散々、、、

サンマは数も少なく痩せ細ってる、、、太くて猫背、そして嘴の黄色い脂ののった奴はどこへ行ったのだろう。
秋アジ(鮭)も半分以下、、、浜の釣り人も愚痴ばっかり、スーパーに並んだ筋子の高いのなんのって。
それにイカも出回ってるけど獲れないせいか、バカ高い、

そいいやぁー、ホタテも牡蠣も高くなった。
ただ単なる不良の年なのかそれとも獲り過ぎで資源が枯渇してきたのかわからないが、魚好きの我らとしては心配である。ただ今まで魚を食べてなかった若者や外国人たちが、「魚は旨い」と目覚めてきたのは間違いない様だ。

日本大好きYOUが増えたって喜んでるけど、「寝てる子を起こすなー」って。

そりゃぁーそうだ、南米、アフリカなど多くの国では酷い鮮度の魚を焼くか茹でて、せいぜい塩味程度の味付けで食べてた。欧米だってそう、缶詰にするか塩漬けやオリーブ油でソテーしたりする程度、オマケにナイフとフォークじゃ小骨の多い魚や小魚は食べられない。欧州やNZなどの魚屋に並んでるのは大きなブロックの切り身魚である。

そういやぁ10年ほど前に我が家にホームスティしてたアメリカ人の女子高生に子アジの南蛮漬けをだしたら、「オ、オォ〜、ヘッド!!」ってビックリ、恐る恐る口に入れ、後は「美味しい」と食べてたのを思い出した。魚の頭なんて実物を初めて見たってさ。

後悔してるんや、俺は。あの時アジの南蛮漬けを食べさすんやなかったと。この例のように知らんければ知らんでいい、放っておけ。

今、世界中に寿司(特にマグロ)はもう既に知られてしまった。
これ以上サンマ(もう中国、台湾の餌食になってるけど)、イワシ、アジ、、、etc.を食べ出したらどうなる??

考えただけでも恐ろしい。
続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

越冬準備をしてるのは、我らだけではなかった

薪裂きが終わったので、試しにストーブを焚いてみました。

”気持ちいい” けど、、、
すぐに、”暑くて、暑くて”

ということで、薪ストーブが本格的に活躍するのはもうちょっと先のようです。

でも、
10日ほど前から ”利尻山初冠雪”、
そして ”旭岳初冠雪”、”雌阿寒岳初冠雪”
そしてそして ”石北峠雪化粧”、、、、、

と北の大地にも冬が急速に近づいてきてるニュースが伝えられてます。

ココ中標津の隠れ家でも朝夕の気温は0℃近くまで下がるようになってきており、でも室温はまだ20℃くらいあるので先の通りストーブの出番はまだいいのです。

でも早く焚きたいと逸る今日この頃。
温ったかい以外に何があるのか??それはストーブ料理です。
旨いんだなぁー、 薪ストーブで調理したら、、、、肉を焼き、ジャガイモやチーズたっぷりのグラタンまがいを試しのやってみましたがレンジで作るのとは一味も二味も違うようです。

”ステーキ”、”焼き魚”など強火の残り薪炭の焼き物、オーブン料理、ストーブの上で煮込み料理など何でもござれ、真冬に活躍してくれそうです。


さて半月前の台風のあと、秋晴れの上天気が続いています。
ということで近場の山を歩こうと、

いざ、我が家から10分の武佐岳へ。


2時間半かけてヘロヘロで山頂、やっぱり、パークゴルフだけでは運動は足りないようです
でも山頂からは野付半島のエビの尻尾が望めました

続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

紅葉報告.........第2弾です

まずは冬支度完了の報告から、

そう薪割りじゃなくて、薪裂き(木の目に沿ってキレイにパリンと割れるようなことは全く無く、油圧の強い力で無理やり引き裂く、、、バリバリ、グシャグシャってことでこの方が的確なネーミングじゃないかと)の話しです。

コンテナに204箱。
そして、空いてた薪棚も満杯に。

たぶん合わせて250箱分くらいじゃないかと、10日(3時間/日)近い苦労の成果が出ました。どちらかいうと薪裂きより薪運びの方が大変でした。

これで温ったかい冬を過ごす準備がほぼできたんじゃないかと思います。
勇気のある方は「北の冬」を堪能しに―20℃の世界に ”おこしやす”

(追加報告)
 薪の調達で知り合った森の伐採を職としているSさんから連絡が。
 いま伐採している所は大きく、まだまだ、もっともっと、、、
 丸太が沢山出るが ”いらないか””もし大型トラックが無いなら
 用意するけど”って、、、 有り難い、そして辛いお誘いです。
 もう薪運びなんかやりたくない、けど薪はいくら有ってもいい、
 ということですが、結果は ”了承””頂きます”ってことに。

 オーナーさん、SOS



では話は変わって北の紅葉報告。

まずは知床峠へ、

この道は例年11月上旬から4月下旬までの冬期は全面通行止めになる北の果てにある道で、標高最高点は738mの知床峠。


後方は羅臼岳
先の高原温泉ほど鮮やかじゃないねー、ちょっと早かったかも、でも黄色はキレイです

続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

北の大地は秋色に、、、染まり始めました

今日は日本で一番早いという大雪の紅葉を届けます。

まずは我が隠れ家ですが、、


庭木もこんな調子で、色づき始めました
街中でも広葉樹は色付き、早いものはすでに葉を落とし、ナナカマドなどは真っ赤な実を付けててます


農家は収穫を急ぎ、酪農家も2番草の刈り取りも終わりました。
今は来年のために肥料を撒き土地作りしてるようで、もうすぐ牛乳の町中標津では ”田舎の香水”が漂うと聞きました。

”田舎の香水”とは??
夏の間巨大なタンクに貯めていた牛さんの下の物をタンクローリーを使い、牧草地に撒き散らすそうな。これが来年の牧草を育て、牛乳の出をよくするのです。

我らにとっては ”初めての経験”

周りを牧草地に囲まれている開陽の地に住んでいるので、その真っ只中、、、避けることはできません。
””強烈でしょうか??””

中標津は道東、北海道でも寒い地域に属しますが、標高は低いです。それでもこのように紅葉が始まっているのからすると、大雪山系の標高1000m以上の高度が色付くのは当たり前です。
京都など関西では11月が紅葉ですから1.5〜2ケ月ほど早いことになります。

では日本一早い紅葉をご覧ください。
続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

冬準備.........しっかりやらなくっちゃ

北根室ランチウェイ.........
またの名を、KIRAWAY。

ランチとは大牧場の意味だそうで、中標津の街中から開陽台、養老牛温泉、西別岳、摩周湖、そして美留和(川湯温泉近く)に至る71.4kmの牧歌風景の中を歩くイベントがありました。

牧場風景の中を歩こう!!!

前々から興味があったルートなので即申し込み。
実行日は9/13で、前日から降り続いてた雨が、明け方には嘘のように止みました。この日は開陽台から農家レストラン「牧舎」までの9.9kmです。

残念ながら雨上がりと言うことで雲が広がり快晴とはいきませんが、でも止んでよかったです。そう我らは極め付きの ””晴れ男、晴れ女””ということは、南米からアフリカの南半球旅で実証済み。

ここぞって時は、いつも晴れ。雨期で何日も降り続いた雨が、イースター島でもマチュピチュでもカラッと晴れるんです。

どうぞ、””大事な遊び””には我らを誘ってやってくださいな。

さて、最近は山登りもぐ無沙汰で、運動と言えば 3日に一度くらいのパークゴルフのみ。それも2時間ほど.........

大丈夫かなー??


開陽台Pに9時集合
参加者は7名、、、、いざ出発!!


続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

我が庭に、、、、胸キュン (*^O^*)/

寂しい季節です、、、、
盆を過ぎたあたりから我が友人たち、、、キャンパーが一人消え、二人消え。

道路を走っていても、あれだけ居たキャンピングカーが随分少なくなってきました、キャンパーの帰省ラッシュは、第一陣が盆前後、そして次が9月に入ってから、、、10月まで北海道に居る人は稀なんです。それは北の大地も最低気温が10℃を下回るようになり、車生活では辛抱が必要だからでしょうか。

わが友の ”帰宅しました”の連絡が入り始めた今日この頃です。


また我が菜園にも変化です。

キュウリ、インゲン、トウモロコシ、ズッキィーニはほぼ終了です。
最初からずぅっ〜っと楽しませてくれてるのが、青ジソ、ネギ、ニラ、パセリの薬味類、そしてナスタチウム、
いま最盛期なのがトマト、カボチャです。

全ての野菜達、、、”旨い”んです。
無農薬、新鮮とれとれ、、、キッチン直結の野菜がこんなに美味しいとは、あらためて思い知らされました。

”大阪のスーパーのトマト”vs ”我が菜園御用達のトマト”
コレは全く別物です。


そんな野菜達をお供に先日、BBQパーティです。

参加は、T、K&Mの各夫妻に我らを加えた8人です。

””甘ぁ〜いトマト””
””ワサビ味でサラダにうってつけのナスタチウム”

ここで2大人気だったのがこの二つで、そしてインゲン、ズッキィーニも負けじと追いかけていたようです。



こんな彼らともお別れで、これから徐々に南に下り北海道を後にするようです。
また我らの隠れ家がある一帯は夏のリゾートのような地域で、今は4,5軒に人が住んでいるが、、、、この人たちも10月に入ると一人去り、二人去り、、、たぶん11月頃には我らだけになるのです。

いやぁー、寂しいような、嬉しいような、、、、
でもそれは、いよいよ我らの大好きな時間 ”冬の光景”の始まりなんです。

続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

北は秋.........本番に入りそうです


昨夕、開陽台が真っ赤に染まりました



最近の北はもう秋?? 気温は20℃位にしか上がらなくなってきました。そんな昨日は昼間から空にうろこ雲が、、、、その雲が見事に焼けて見せてくれたのです。

 【雑学】
  うろこ雲のことを巻積雲(けんせきうん)と言うそうで、
  白く陰影のない小さな雲片が多数の群れをなし、集まって
  魚の鱗や水面の波のような形状をした雲だそう。
  またいわし雲、さば雲などとも呼ばれるらしい。


こんな夕焼けが出るようじゃ、もうすっかり秋かもねー。
ずぅ〜っと半袖で通していたけど、数日前から袖も長くなりました。朝夕は上着も必要になってきたようで、そんな気候の移り変わりを感じさせる今日この頃の北の大地です。

いま道東沖に向かって台風15号が北上しているようで、この週末がピークです。どうぞ、旅友の皆さん、気を付けてくださいな。
続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ちょっと待ったぁ〜〜

4,5日家を空けて、帰ってみると、、、、





ちょっと待ってくれぇー、ってこんな感じになっちゃいました。

これは ””嬉しい悲鳴””なのか?
でも我らにとってはたぶん、””助けてぇーー””ってこと。

収穫したのは、大量のキュウリ、インゲンマメ、丸タンボウのような巨大なズッキーニ、
他にも、カボチャ、シソの葉、ナスタチューム、ニラ、ネギ、そしてトマト少々、てな具合で今が収穫の最盛期のようです。

ココに移住した時に、ご近所Sさんの、
「育てるのはイチゴだけに変え野菜は止めた、出掛けられないから.....」という一言が、今になって思い出されます。


ココのご近所さんも皆野菜を作ってるので、おそそわけという訳にも行かず、いきついた先は ”保存食作り”です。こうすれば喜んで貰ってくれるのではないでしょうか。

以前からわりに評判の良い

きゅうりは、パリパリの「きゅうちゃん漬け」
ズッキーニは、きゅうちゃん漬け似の「ズッキーニ漬け」
シソの葉は、甘辛の「青ジソの佃煮」

に大変身中(ただいま奮闘中)です。我が家はあまり米飯は食べないのでチョットしたおかずに、そして酒のつまみに最適でーす。
続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

焚火にはスイカやメロンが似合う.....って本当

”エエェ〜、何ぃ〜”、
まったく不釣り合いで奇妙、普通は焚火だったら焼き芋でしょー、、、、

本土では信じられない話ですが、でも本当なんです。
初めての経験ですがスンナリと、ココ道東に居るとなんなく受け入れることが出来ます。

今は盆前の8月上旬、、、まだ暦では夏ですよー、、、
でも道東では最近は肌寒い日々が続いてます。最高気温20℃に届かず。少し風が吹けば ”寒いなー”って感じです。

こんな時、2組の友人が我が家を同時に尋ねてくれました。

思いついたのは、「よし、バーベキューだ」

オーナーさんがせっかく用意してくれた庭のバーベキューコーナーですが、ほとんど活用して無く申し訳なく思ってた矢先でした。バーベキューは ”多い人数でワイワイ、ガヤガヤ”が定番でそのチャンス到来です。

横須賀のO夫妻、宇都宮のS夫妻、、、

共に我らの大切な旅友で、互いに過去の思い出話や近況、そしてこれからの計画など話が弾みます。♂たちは昼間から外でバーベキューコンロに薪をくべ炎を前に談笑、そして♀たちは室内で甘いものを前にユンタク、、、至福の時間です、、、、でも多少は相棒への愚痴も混じってたかもしれませんね。コレも長く連れ添う円満の秘訣でしょうか。


ということで時間が経過し夕暮れ時、いよいよバーベキュー開始です。

始まったのは5時前、まだまだ明るい時間でした。
8月というのに皆さん2枚、3枚着込んでプロパンガスのボンベを二つ切りにした手作りコンロの前に勢揃い。炭は赤々といこり、巨大なジンギスカン鍋も鎮座してます。右手に箸、左手にグラスを持ってスタンバイ。話しは弾みますが、食欲も旺盛です。

そう、外気は20℃を下回るほどなので ”火の前は最高”

8月に不思議な感覚、、、、

夏のバーベキューは通常我ら ”タオルを首に汗を拭きながら”が普通なんですが、なんか違う??。私は上着にフリースを着こんでの参加です。
(このバーベキュー&その後のお茶&お酒は、日が暮れ暗闇の中で延々と長ぁ〜く続いたのでした。誰も家に入ろうというものは居ませんした)


ということで、解ってもらえたでしょうか?

””道東では真夏でも寒くなるんです””
””だからバーベキューでは、焚火を前にメロンやスイカを食べるん”

です。

”スイカは真夏の食べ物、汗を流しながら食べる”

というような軟弱な常識を持っていては、道東では短い夏を楽しめません。たとえ寒くて震えていても、8月はスイカ。そして短パンにTシャツで外出が粋で夏を楽しむコツなんです(我らはやりません、風邪をひきそうです)。

そして ”アイスクリームは夏に食べるもの”ってのも通用しません。”極寒の冬でこそ美味いもの”で、外が−20℃の世界でもガンガン室内を温めてTシャツで食すのが新しいトレンド、、、、夏の昼間より、冬の家の中の方が暖ったかいのかもしれません。

まぁ〜北海道は内地の常識は通用しない異質な世界なんです。


そういうビックリ仰天な光景が演じられた舞台がココです。


続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

蝶の舞う道東.........今日この頃です


くじゃく蝶(孔雀蝶)、、、って言うらしい
名の通り表側にクジャクの飾り羽のような大きな目玉模様を持つことからこう呼ばれる綺麗な蝶



ここ最近家の周りを ”くじゃく蝶”をはじめ何種か多くの蝶が舞い始めた。
大阪ではこんな経験は無い(?)。というか、あまり蝶に興味を持ったことが無いかもしれない。
私が知ってて名前を挙げられるのはモンシロチョウ、モンキチョウ、アゲハチョウくらいなものでお恥ずかしい限りだ。

その代わり、春に比べて鳥たちの囀りはめっきり減ったように思う。

5、6月は鳥の声で目が覚め、一日中鳴いていたのに今は時折、それも目を凝らし耳を澄まさなければ耳に入ってこない。夏鳥たちは暑さに耐えかねてもっと北の方、シベリア辺りまで避難してしまって、今でも居るのはカラス位なものかもしれない。

ということで、動物&鳥撮りの我らにとって苦難の時期です。
「撮るものがない」というのは寂しいものなんです。

しかし一方、一時期暑かった道東もかなり涼しくなって過しやすくなってきました。
昼間でも21〜23℃くらいまでしか上がらないので、””快適””。もう夏の終わりなのか?、それとももう一度揺り戻しで暑くなるのか?知らないけどどうせならこのまま秋に突入して欲しいもんですナー。
続きを読む >>
2017北の大地に住む | permalink | comments(2) | trackbacks(0)